明石君(読み)あかしのきみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明石君 あかしのきみ

源氏物語」の登場人物
父は某大臣の血をひく前播磨守(さきのはりまのかみ)の明石入道の考えで,須磨(すま)に流された光源氏とちぎり,女児を生む。のち光源氏の妻紫上の養女となった娘が中宮(ちゅうぐう)にまで出世し,母として幸福な人生をおくった。明石御方ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明石君の関連情報