光源氏(読み)ひかるげんじ

  • 光源氏 ひかるげんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

「源氏物語」の主人公。
桐壺(きりつぼのみかど)と桐壺更衣の子。美貌才能にめぐまれ,正妻葵上(あおいのうえ)のほかにおおくの女性と恋愛する。父帝の妻藤壺との間に冷泉(れいぜい)帝が生まれる。葵上の死後,理想の妻紫上(むらさきのうえ)を得,栄華をきわめるが,その死後出家を決意する。人物像は在原業平(ありわらの-なりひら)に複数の人物をかさねあわせたといわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

源氏物語の主人公。桐壺帝の第二皇子。母は桐壺の更衣こうい。光君。源氏の君。源氏の大将。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

「源氏物語」正編の主人公。桐壺帝の第二皇子。母は桐壺の更衣。光はその美貌からの称。源氏は臣籍に下って賜わった姓。幼くして母をなくし、母に似た藤壺女御を慕い、のち密会してその罪の子は冷泉帝となる。一方藤壺に似た紫上を引きとり、正妻葵上の没後結婚する。すぐれた資質と色好みの性格を持ち、一時須磨・明石に謫居するが、帰京後は確実に地歩を占め、壮大な六条院を築いて妻妾たちを住まわせ、位人臣をきわめ、准太上天皇にも遇せられる。しかし、朱雀院女三宮の降嫁があってからは、女三宮と柏木の密通事件、その結果の薫の誕生など、藤壺事件の応報を思わせる苦悩の日々が続く。最愛の紫上にも先立たれ、五二歳の一年を紫上の面影を抱き続けて送るところで源氏の記事は終わり、物語は「雲隠」という名のみの章を設け、その死を暗示している。実子に、夕霧・明石姫君がいる。源氏。光君。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の光源氏の言及

【源氏物語】より


[あらすじ]
 物語は時代を数十年以前にさかのぼる延喜・天暦(醍醐天皇~村上天皇)の時代に取って出発する。桐壺帝最愛の第2皇子は生母の身分が低くて臣籍に下され,美貌のゆえに〈光源氏(ひかるげんじ)〉と呼ばれて,さまざまの女性と恋の遍歴を重ねる。なかでも亡き母に似た父帝の中宮藤壺(ふじつぼ)との恋は苦しく,その間に罪の子〈冷泉帝〉が生まれる。…

※「光源氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光源氏の関連情報