コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養女 ヨウジョ

大辞林 第三版の解説

ようじょ【養女】

他家からもらって育てた女の子。
養子縁組によって子となった女子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の養女の言及

【養子】より

…他方,戦後の改正法は縁組に対する家庭裁判所の関与を新設して,被後見人養子,未成年者養子,死後離縁をその対象にした。とくに未成年者養子の許可制度は,戦前の芸娼妓養女の弊害を防止する狙いであったが,実際の運用は名目養子や家名承継養子などの抑止に及んでおり,この制度の果たした役割は大きい。ただ,未成年者養子の許可件数は制度発足当初には年間4万件を超えていたが,その後減少の一途をたどり,1991年以降は2000件を割って,なお減少を続けている。…

※「養女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

養女の関連キーワード山村流九郎右衛門町家藤間勘兵衛(7代)藤間勘十郎(6代)藤間勘兵衛(6代)山勢松韻(2代)中村虎治(2代)山勢松韻(2世)バチェラー八重子山村流島の内家北白川宮 富子北白川宮妃富子北白川宮富子廊御方(2)縁組み・縁組伏見宮文秀尼粛親王善耆藤原俊成女飯塚 くに上原真佐喜藤原定頼母

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

養女の関連情報