養女(読み)ようじょ

精選版 日本国語大辞典「養女」の解説

よう‐じょ ヤウヂョ【養女】

〘名〙 他家からもらって自分の子として育てた女の子。養子縁組によって子となった女子。養子娘。もらいむすめ。やしないむすめ。〔書言字考節用集(1717)〕
※阿部一族(1913)〈森鴎外〉「奥方は〈略〉秀政の娘を将軍が養女(ヤウヂョ)にして妻(めあは)せた人で」 〔北斉書‐孫騰伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「養女」の解説

よう‐じょ〔ヤウヂヨ〕【養女】

他家からもらって自分の子として育てた女性。養子縁組みをして子となった女性。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の養女の言及

【養子】より

…他方,戦後の改正法は縁組に対する家庭裁判所の関与を新設して,被後見人養子,未成年者養子,死後離縁をその対象にした。とくに未成年者養子の許可制度は,戦前の芸娼妓養女の弊害を防止する狙いであったが,実際の運用は名目養子や家名承継養子などの抑止に及んでおり,この制度の果たした役割は大きい。ただ,未成年者養子の許可件数は制度発足当初には年間4万件を超えていたが,その後減少の一途をたどり,1991年以降は2000件を割って,なお減少を続けている。…

※「養女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android