コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石越後掾 あかし えちごのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明石越後掾 あかし-えちごのじょう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
義太夫節。延享-宝暦(1744-64)のころの人。竹本播磨少掾(はりまのしょうじょう)の門下。大坂曾根崎で座本として操り人形芝居を興行,越後掾を受領した。前名は竹本森太夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

明石越後掾の関連キーワード野田碁文義太夫節浄瑠璃

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android