明窓浄几(読み)めいそうじょうき

精選版 日本国語大辞典の解説

めいそう‐じょうき メイサウジャウキ【明窓浄几】

〘名〙 明るい窓と清潔な机。明るく清らかな書斎をいう。
※先哲叢談(1816)一「古人読春秋於羅浮、羅浮者是不羅浮、而在足下明窓浄几之上
※嚼氷冷語(1899)〈内田魯庵〉「明窓浄机(メイサウジャウキ)の下(もと)に瞑目して考察するもの」 〔欧陽脩‐試筆・学書為楽〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android