コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先哲叢談 せんてつそうだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先哲叢談
せんてつそうだん

江戸時代後期の儒学者原善の著。8巻。文化 13 (1816) 年刊。近世初期以降の儒学者 72人についての伝記,学説を述べたもの。続編として東条琴台の『先哲叢談後編』 (8巻) が文政 12 (29) 年に刊行されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せんてつそうだん【先哲叢談】

江戸後期の評伝。8巻。原善(念斎)著。文化13年(1816)刊。江戸時代儒者72人の伝記を年代順に記述したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

先哲叢談【せんてつそうだん】

原念斎(ねんさい)(善)著。8巻4冊。1816年刊。藤原惺窩(せいか)から原双桂(そうけい)(念斎の祖父)まで,江戸時代前半の儒者72人の略伝記集。記述に誤りもみられるが,主要な儒者はほぼあげられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんてつそうだん【先哲叢談】

伝記。原念斎著。1816年(文化13)刊。8巻。藤原惺窩から念斎の祖父原双桂に至る72人の江戸期の儒者の略伝を記した書。近世初期から宝暦ころまでの主要な儒者はほぼ網羅されており,記述にはまま誤りもあるが,この時期の儒者の事跡を知るのに便利な書である。本書に続いて後人によって《先哲叢談後篇》《先哲叢談続篇》《近世先哲叢談》《続近世先哲叢談》が編まれ,これらを合わせると幕末に至るまでの儒者の伝記集となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんてつそうだん【先哲叢談】

伝記。八巻。原念斎著。1816年刊。藤原惺窩以下七二人の儒者を選び、年代順にその略伝を記述したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

先哲叢談の関連キーワード大高坂芝山西山順泰三宅寄斎佐藤周軒吉田篁墩二山伯養鵜殿士寧那波魯堂菅得庵堀杏庵

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android