先哲叢談(読み)せんてつそうだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先哲叢談
せんてつそうだん

江戸時代後期の儒学者原善の著。8巻。文化 13 (1816) 年刊。近世初期以降の儒学者 72人についての伝記,学説を述べたもの。続編として東条琴台の『先哲叢談後編』 (8巻) が文政 12 (29) 年に刊行されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

先哲叢談【せんてつそうだん】

原念斎(ねんさい)(善)著。8巻4冊。1816年刊。藤原惺窩(せいか)から原双桂(そうけい)(念斎の祖父)まで,江戸時代前半の儒者72人の略伝記集。記述に誤りもみられるが,主要な儒者はほぼあげられている。続いて後人によって《先哲叢談後篇》《先哲叢談続篇》《近世先哲叢談》《続近世先哲叢談》が編まれ,合わせて幕末に至る網羅的な儒者の伝記集となっている。→儒学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんてつそうだん【先哲叢談】

伝記。原念斎著。1816年(文化13)刊。8巻。藤原惺窩から念斎の祖父原双桂に至る72人の江戸期の儒者の略伝を記した書。近世初期から宝暦ころまでの主要な儒者はほぼ網羅されており,記述にはまま誤りもあるが,この時期の儒者の事跡を知るのに便利な書である。本書に続いて後人によって《先哲叢談後篇》《先哲叢談続篇》《近世先哲叢談》《続近世先哲叢談》が編まれ,これらを合わせると幕末に至るまでの儒者の伝記集となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんてつそうだん【先哲叢談】

伝記。八巻。原念斎著。1816年刊。藤原惺窩以下七二人の儒者を選び、年代順にその略伝を記述したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android