コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星学 セイガク

大辞林 第三版の解説

せいがく【星学】

天文学の旧称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の星学の言及

【インド数学】より

… 古典期の数学知識は,主としてガニタ(算学)と呼ばれる分野に結実した。伝統的に,ガニタはホーラー(ホロスコープを用いる占星術)およびサンヒター(吉凶占いの集成)と共に星学(ジョーティヒシャーストラ)を形成する。他方,ガニタは狭い意味でのガニタ(数学)と数理天文(暦法)学に分かれるが,シッダーンタと呼ばれるおもだった天文学書は何章かを数学にあてるのが普通である。…

※「星学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

星学の関連キーワード八戸学院光星高等学校稚内北星学園大学いわき明星大学バラーハミヒラノストラダムスファルガーニーオフェリア・麗世界寺子屋運動海星高等学校山川 弥千枝ランディーニ鷲山 第三郎尾上 鯉之助八戸学院大学新潟経営大学ハーシェル直居あきら熊本洋学校寒川 道夫和泉 宗章

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android