コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星学 セイガク

大辞林 第三版の解説

せいがく【星学】

天文学の旧称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の星学の言及

【インド数学】より

… 古典期の数学知識は,主としてガニタ(算学)と呼ばれる分野に結実した。伝統的に,ガニタはホーラー(ホロスコープを用いる占星術)およびサンヒター(吉凶占いの集成)と共に星学(ジョーティヒシャーストラ)を形成する。他方,ガニタは狭い意味でのガニタ(数学)と数理天文(暦法)学に分かれるが,シッダーンタと呼ばれるおもだった天文学書は何章かを数学にあてるのが普通である。…

※「星学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

星学の関連キーワード八戸学院光星高等学校稚内北星学園大学バラーハミヒラファルガーニーノストラダムスいわき明星大学オフェリア・麗世界寺子屋運動海星高等学校ランディーニ山川 弥千枝鷲山 第三郎八戸学院大学新潟経営大学尾上 鯉之助ハーシェル松前 重義寒川 道夫水原準三郎和泉 宗章

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android