コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凡例 ハンレイ

デジタル大辞泉の解説

はん‐れい【凡例】

書物の巻頭にあって、その編述の方針や使用法などを述べたもの。例言

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんれい【凡例】

書物の初めに、その編集目的・方針・使い方などを箇条書きにまとめて記した部分。例言。 → 範例(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凡例
はんれい

地図記号」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

凡例

レファレンスブックや学術書などにおいて,その図書の編集方針,利用の仕方,使用上の注意,記号略語などに関する説明を箇条書きしたもので,前付に置かれる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

凡例の関連キーワード新編相模国風土記稿レファレンスブック凡例[ぼんれい]スカエウォラグラフエリア小宮山昌世武家名目抄地方落穂集世界土壌図レジェンド気海観瀾唐令拾遺物類称呼大石久敬渋江松石金銀図録地方書経済録年紀売藩翰譜

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凡例の関連情報