凡例(読み)はんれい

精選版 日本国語大辞典「凡例」の解説

はん‐れい【凡例】

〘名〙 ある書物著述に関して、その編述の目的・方針・書中の約束事など。また、書物のはじめにそれらを示したもの。例言
※史記抄(1477)五「春秋には凡例があるぞ」 〔黄庭堅‐跋欧陽子伝後〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「凡例」の解説

はん‐れい【凡例】

書物の巻頭にあって、その編述の方針や使用法などを述べたもの。例言。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「凡例」の解説

【凡例】はんれい

書の概要・体例をいう。晋・杜預〔春秋左氏伝を發(ひら)きて以て例を言ふ。皆經國の常制垂法書のにして、仲尼孔子の名)從つて之れを脩め、以て一經の體をせり。

字通「凡」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android