コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星屋光次 ほしや てるつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星屋光次 ほしや-てるつぐ

?-? 江戸時代中期の狂歌師。
讃岐(さぬき)高松藩士の子。江戸小石川の藩邸にすむ。四方赤良(よもの-あから)(大田南畝(なんぽ))にまなぶ。天明(1781-89)の狂歌壇を代表するひとり。姓は山口。通称は治部之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

星屋光次

生年:生没年不詳
江戸時代の狂歌作者。本名は山口治部之助。高松藩士の子で,江戸小石川の高松藩邸に住んだ。狂歌を四方赤良(大田南畝)に学び,その高弟となる。天明年間(1781~89)の代表的狂歌師のひとりである。歌は『万載狂歌集』(1783)に「金のなる木のおふる土もたぬ身は火に入り水に入りてかせかん」など4首入集,「徳和歌後万載集』(1785)には「きばさみをほととぎすまし夏木立刈り透かしても聞かんとぞ思ふ」など6首入集している。

(園田豊)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android