星屋光次(読み)ほしや てるつぐ

朝日日本歴史人物事典の解説

星屋光次

生年:生没年不詳
江戸時代の狂歌作者。本名は山口治部之助。高松藩士の子で,江戸小石川の高松藩邸に住んだ。狂歌を四方赤良(大田南畝)に学び,その高弟となる。天明年間(1781~89)の代表的狂歌師のひとりである。歌は『万載狂歌集』(1783)に「金のなる木のおふる土もたぬ身は火に入り水に入りてかせかん」など4首入集,「徳和歌後万載集』(1785)には「きばさみをほととぎすまし夏木立刈り透かしても聞かんとぞ思ふ」など6首入集している。

(園田豊)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android