コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

讃岐 さぬき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

讃岐
さぬき
(1141ころ―1217ころ)

平安末期の歌人。摂津源氏の棟梁(とうりょう)源三位(げんざんみ)頼政(よりまさ)の女(むすめ)、母は源斉頼の孫女。父方の家系に歌人が多く、祖父仲政(仲正)、父の妹三河・待賢門院美濃(みの)、叔父頼行(よりゆき)の女の宜秋門院丹後(ぎしゅうもんいんたんご)などがいる。兄仲綱も讃岐とともに父を継ぐ歌人。二条(にじょう)天皇に出仕。1165年(永万1)天皇没後、11~12年間の動静は不明であるが、退仕して藤原重頼の妻となり、夫の任国へ下っていたと思われる。建久(けんきゅう)年間(1190~99)後鳥羽院(ごとばいん)中宮任子(じんし)(宜秋門院)に再出仕。家集『二条院讃岐集』がある。晩年は「正治初度百首」「千五百番歌合(うたあわせ)」に出詠し、『千載(せんざい)和歌集』時代から『新古今和歌集』時代にかけての和歌史上に確かな位置を占める。「我が袖(そで)は潮干に見えぬ沖の石の人こそ知らね乾く間ぞなき」。「沖の石の讃岐」の異名はこの歌によるという。[糸賀きみ江]
『森本元子校『小侍従集・二条院讃岐集』(1958・古典文庫) ▽糸賀きみ江著『中世の抒情』(1979・笠間書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

讃岐の関連キーワード香川県高松市国分寺町国分香川県善通寺市文京町景山 甚右衛門讃岐コーチン井上 甚太郎京極 高典松原 竹坡飯盛大刀自タマちゃんカマちゃん板野[町]渡辺 礒吉かんかん石サヌカイト梶原景紹玉藻よし讃岐国府赤松光信西讃騒動崇徳天皇

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

讃岐の関連情報