コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

讃岐 さぬき

2件 の用語解説(讃岐の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

讃岐

 香川県の旧国名です。国府[こくふ]は坂出市、国分寺[こくぶんじ]は国分寺町にありました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

讃岐
さぬき
(1141ころ―1217ころ)

平安末期の歌人。摂津源氏の棟梁(とうりょう)源三位(げんざんみ)頼政(よりまさ)の女(むすめ)、母は源斉頼の孫女。父方の家系に歌人が多く、祖父仲政(仲正)、父の妹三河・待賢門院美濃(みの)、叔父頼行(よりゆき)の女の宜秋門院丹後(ぎしゅうもんいんたんご)などがいる。兄仲綱も讃岐とともに父を継ぐ歌人。二条(にじょう)天皇に出仕。1165年(永万1)天皇没後、11~12年間の動静は不明であるが、退仕して藤原重頼の妻となり、夫の任国へ下っていたと思われる。建久(けんきゅう)年間(1190~99)後鳥羽院(ごとばいん)中宮任子(じんし)(宜秋門院)に再出仕。家集『二条院讃岐集』がある。晩年は「正治初度百首」「千五百番歌合(うたあわせ)」に出詠し、『千載(せんざい)和歌集』時代から『新古今和歌集』時代にかけての和歌史上に確かな位置を占める。「我が袖(そで)は潮干に見えぬ沖の石の人こそ知らね乾く間ぞなき」。「沖の石の讃岐」の異名はこの歌によるという。[糸賀きみ江]
『森本元子校『小侍従集・二条院讃岐集』(1958・古典文庫) ▽糸賀きみ江著『中世の抒情』(1979・笠間書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

讃岐の関連キーワード畿内国府旧国周防能登豊後国司館佐波郡衙周防国府伯耆国府

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

讃岐の関連情報