星間塵(読み)セイカンジン

百科事典マイペディアの解説

星間塵【せいかんじん】

宇宙空間内に散在する微粒物質。ガスとともに星間物質を構成し,ふつう大きさ0.1μmぐらいだが,流星のもとになる比較的大きい粒子をも含めることがある。
→関連項目宇宙塵

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

せいかんじん【星間塵】

星間物質のうち、ガスを除いた氷・鉄・ケイ酸塩など固体成分の微粒子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の星間塵の言及

【星間物質】より

…われわれの銀河系内には,1011個の恒星がある。恒星と星間ガスと星間固体微粒子(星間塵という)の総質量の比は,だいたい1:10-1:10-3である。
[星間ガス]
 O型星や高温のB型星のように,表面温度が2万K以上ある星のスペクトルには,ヘリウム,水素以外の吸収線はほとんどないのがふつうである。…

※「星間塵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android