映画倫理規程管理委員会(読み)えいがりんりきていかんりいいんかい

百科事典マイペディアの解説

映画倫理規程管理委員会【えいがりんりきていかんりいいんかい】

日本で上映される映画の自主的規制のための民間機関。〈映倫〉と略される。1949年アメリカの映画製作倫理規程を参考に映画業界が映画倫理規程を作り,その運用機関として設置。1956年独立。学識委員約5名,審査専門委員約10名からなる。日本で上映されるニュース映画以外のすべての映画を,社会的・道徳的・教育的影響の観点から審査し,ときに部分的削除訂正を勧告する場合もあるが,法的強制力はない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android