コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春名繁春 はるな しげはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春名繁春 はるな-しげはる

1847-1913 明治-大正時代の陶画工。
弘化(こうか)4年生まれ。任田屋(とうだや)徳右衛門の子徳次(任田旭山)にまなぶ。明治22年東京職工学校(現東京工業大)の模範工となり,ワグネルの旭焼を手つだう。のち京都市陶磁器試験場につとめた。大正2年死去。67歳。加賀(石川県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

春名繁春の関連キーワード牧野省三ベリンスキーリベリアカフカセネット[各個指定]芸能部門マルクス経済学市川久女八(初代)桂太郎マッキム・ミード&ホワイト

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android