春宵一刻値千金(読み)しゅんしょういっこくあたいせんきん

故事成語を知る辞典「春宵一刻値千金」の解説

春宵一刻値千金

のすばらしさをいうことば。

[使用例] お爺さんは少し酔って来ると話相手が欲しくなり、つまらぬ事を言い出す。〈〉「春宵一刻、価千金、か。」と、また、言わなくてもいい事をつぶやいてみる[太宰治*お伽草紙|1945]

[由来] 一一~一二世紀、ほくそう王朝の時代の中国の文人しょく春夜」の一節。「春宵一刻、あたい千金(春の心地のよい夜の楽しみは、莫大なお金に相当するほど価値がある)」のあと、「に清香有り月に陰有り(花はよい香りを漂わせ、月はおぼろにかすんでいる)」とうたっています。「千金」は、黄金一〇〇〇両といった意味で、非常に価値があることのたとえ。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「春宵一刻値千金」の解説

春宵しゅんしょう一刻いっこくあたい千金せんきん

蘇軾「春夜」から》花は香り、月はおぼろな春の夜の一時は、まことにが深く、千金にも換えがたい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android