春山の(読み)ハルヤマノ

デジタル大辞泉の解説

はるやま‐の【春山の】

[枕]春、野山の草木が萌え出すようにの意から、「おぼつかなくも」「しなひさかえて」にかかる。
「―しなひ栄えて秋山の色なつかしき」〈・三二三四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はるやまの【春山の】

( 枕詞 )
春の山の草木がしなやかにのびることから、「しなひ栄ゆ」にかかる。 「 -しなひ栄えて/万葉集 3234

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はるやま‐の【春山の】

春の山の草木がもえ出すようにの意で、「しなひさかゆ」にかかる。
※万葉(8C後)一三・三二三四「春山之(はるやまの) しなひ栄えて 秋山の 色なつかしき ももしきの 大宮人は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春山のの関連情報