コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日倉老 かすがのくらの おゆ

2件 の用語解説(春日倉老の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春日倉老 かすがのくらの-おゆ

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏,歌人。
僧であったが,大宝元年(701)還俗(げんぞく)して春日倉首(おびと)の氏姓をあたえられ,追大壱をさずけられる。和銅7年常陸介(ひたちのすけ)となる。「万葉集」に歌8首,「懐風藻」に漢詩1首がおさめられている。法名は弁基,弁紀。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

春日倉老

生年:生没年不詳
奈良時代の官人で僧侶,万葉歌人としても著名。僧名は弁基または弁紀といった。大宝1(701)年に還俗して姓を春日倉首(または春日蔵首),名を老と与えられた。『万葉集』には弁基の歌とされるものが1首あり,また春日倉首老の歌が7首ある。その他『懐風藻』には五言絶句の漢詩が1首残されている。和銅7(714)年,正六位上から従五位下に叙位され,次いで常陸介に任命されたらしいが,それ以外の官人としての経歴はつまびらかにしない。しかし『常陸国風土記』の編者のひとりではなかったかともいわれている。春日倉首氏は,大和国添上郡に本拠を持っていた春日氏の一分派であり,和珥(和邇)氏の系統をひくものと思われる。

(鬼頭清明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春日倉老の関連キーワード小野老元仁伊保麻呂恵行笠麻呂上古麻呂紀豊河田中三上日置少老三手代人名

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone