コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春樹暮雲 シュンジュボウン

デジタル大辞泉の解説

しゅんじゅ‐ぼうん【春樹暮雲】

杜甫「春日憶李白」に「渭北春天の樹、江東日暮の雲」とあり、長安(渭北)に住まう杜甫が、はるか遠く揚子江付近(江東)を旅する友人李白を思ったところから》遠く離れている友を思う心の切実なことを表す語。暮雲春樹。渭樹江雲(いじゅこううん)。「春樹暮雲の情」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅんじゅぼうん【春樹暮雲】

〔杜甫の詩「春日憶李白」に「渭北春天樹、江東日暮雲」とあるのによる〕
遠方にいる友人をしのぶときに用いる語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

春樹暮雲の関連キーワード遠方

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android