時効取得(読み)ジコウシュトク

デジタル大辞泉の解説

じこう‐しゅとく〔ジカウ‐〕【時効取得】

他人の所有物を一定期間占有することによって、自分の物とすること。民法第162条が規定。取得の意思を持って、公然と争いなく占有し続ければ、他人の物と知っていた場合は20年で、知らなかった場合には10年で自分の所有となる。→取得時効

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

時効取得

民法は他人の土地などの占有を20年間続ければ、その所有権を取得できると定めている。ただ、「所有の意思を持って、平穏かつ公然と」などの条件があり、賃借を続けていただけの場合や、暴力的な手段で占有した場合などはあてはまらない。

(2015-09-05 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時効取得の関連情報