時原春風(読み)ときはらの はるかぜ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

時原春風 ときはらの-はるかぜ

?-? 平安時代前期の官吏。
秦(しん)の始皇帝の11世の孫,功満王の子孫という。山城(京都府)葛野(かどの)郡の人で,氏姓ははじめ秦忌寸(はたのいみき),貞観(じょうがん)5年(863)時原宿禰(すくね)をさずけられる。このとき図書大允(ずしょのだいじょう)。のち采女正(うねめのかみ)となり,仁和(にんな)3年朝臣の姓をさずけられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android