コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通保険

保険基礎用語集の解説

普通保険

社会保険等の政策保険に対する概念で、社会保険等の政策保険以外のすべての保険をさすのが一般的です。個人保険あるいは個別保険ともよばれ契約自由の原則個人主義の原則のもとで成立する保険であるため、収支相等の原則と給付、反対給付均等の原則が中心になっいます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

世界大百科事典内の普通保険の言及

【生命保険】より

…人の生死を保険事故(保険会社等が保険金支払義務を具体化する事故)とする保険で,傷害保険や医療保険などと同じように,人の身体に関する偶然な出来事を対象とする人保険に属する。あらかじめ定められた一定の金額を支払う定額保険の代表的なもので,実際に生じた損害を塡補(てんぽ)する損害保険と区別される。また,社会保険により行われる死亡給付,養老給付も生命保険に属するが,実際には私保険として行われるものだけを生命保険といい,日本では,民営保険会社で行われるものと郵政省が行う簡易生命保険とがある。…

※「普通保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone