コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景信山 かげのぶやま

世界大百科事典 第2版の解説

かげのぶやま【景信山】

東京都八王子市と神奈川県津久井郡相模湖町の境界,関東山地東縁に位置する山。標高727m。主として中生代の小仏(こぼとけ)層よりなる。山名は小田原北条氏の家臣桜町中納言景勝(横地将監景信ともいう)が甲州勢に備えて山頂に遠見場を設けたことによると伝える。山頂は眺望にすぐれ,高尾山から小仏峠をへて陣馬山に連なる通称裏高尾の尾根筋にあり,東京近郊の好ハイキングコースとなっている。【徳久 球雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

景信山の関連情報