コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陣馬山 ジンバサン

4件 の用語解説(陣馬山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じんば‐さん〔ヂンバ‐〕【陣馬山】

東京都八王子市神奈川県相模原市の境にある山。標高855メートル高尾山からの登山コースになっており登山者でにぎわう。山頂は平坦なため陣馬高原ともいう。昔、北条氏と武田氏の古戦場で陣を構えた場所だったことから「陣場山」とも書く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じんばさん【陣馬山】

東京都八王子市と神奈川県津久井郡藤野町との境にある山。〈じんばやま〉とも呼ぶ。標高857m。戦国時代小田原北条氏と甲斐武田氏が対陣した所と伝えられ,山名もこれに由来する。高尾山から景信(かげのぶ)山陣馬山へと続く稜線を通る裏高尾ハイキングコースにあたり,山頂からは富士山,相模湾などの展望にすぐれる。東麓は陣馬高原と呼ばれ,キャンプ場となっている。山麓の八王子市上恩方(かみおんがた)は中村雨紅の《夕焼け小焼け》が生まれた地といい,その歌碑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都(神奈川県)〕陣馬山(じんばさん)


東京・神奈川の都県境に位置する山。標高855m。「陣場山」とも書き、「じんばやま」とも読む。山頂からは富士山や相模(さがみ)湖の展望がよい。南東の高尾(たかお)山まで尾根筋をたどる裏高尾縦走路は格好のハイキングコース。

〔東京都(神奈川県)〕陣馬山(じんばやま)


陣馬山(じんばさん)

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の陣馬山の言及

【陣馬山】より

…戦国時代,小田原北条氏と甲斐武田氏が対陣した所と伝えられ,山名もこれに由来する。高尾山から景信(かげのぶ)山,陣馬山へと続く稜線を通る裏高尾のハイキングコースにあたり,山頂からは富士山,相模湾などの展望にすぐれる。東麓は陣馬高原と呼ばれ,キャンプ場となっている。…

※「陣馬山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陣馬山の関連情報