コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眺望 チョウボウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ぼう〔テウバウ〕【眺望】

[名](スル)遠くを見わたすこと。また、見わたしたながめ。見晴らし。「眺望がきく山頂」「屋上から市街を眺望する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうぼう【眺望】

( 名 ) スル
遠く見渡すこと。また、その眺め。みはらし。 「 -が開ける」 「関東平野を眼下に-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

眺望の関連キーワードsuper highdeckerピクチャーウインドウ岩手県九戸郡九戸村マウントフェーバーパースペクティブビューポイントふじやま温泉フェルメールアウトルック眺望権訴訟冷泉為尹三ヶ根山関東平野浅間温泉見え渡る成相山手稲山見晴し岳陽楼柏原山

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

眺望の関連情報