コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小仏峠 こぼとけとうげ

7件 の用語解説(小仏峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小仏峠
こぼとけとうげ

東京都西部,八王子市神奈川県北部,相模原市の境にある峠。標高 548m。関東山地の南端,高尾山と北部の景信山との鞍部にあたり,浅川の谷から甲州へいたる旧甲州街道の要地であった。小仏関箱根関碓氷関とともに関東の3関所の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こぼとけ‐とうげ〔‐たうげ〕【小仏峠】

東京都八王子市神奈川県相模原市との境にある峠。甲州街道の要道で、麓に小仏関があった。標高548メートル

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

小仏峠【こぼとけとうげ】

東京都八王子市と神奈川県相模原市の境にある標高548mの峠。北の景信(かげのぶ)山と南東の高尾山の鞍部(あんぶ)に当たり,旧甲州道中の要所で,東麓の駒木野に小仏関所があった。
→関連項目小仏関明治の森高尾国定公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こぼとけとうげ【小仏峠】

東京都八王子市と神奈川相模湖町の境界,関東山地南端の峠の一つ。標高548m。多摩川の支流浅川の谷をのぼって甲州にこえる峠で,北の景信(かげのぶ)山(727m)と南の高尾山(600m)の鞍部にあたる。江戸時代には関東と甲信を結ぶ甲州街道の要所で,江戸の西側山岳防衛線上の要衝として峠の東麓の駒木野におかれた小仏関は,箱根・碓氷両関とともに関東の三関といわれた。しかし,明治に入ると甲州街道は南の高尾山麓大垂水(おおだるみ)峠(389m)経由に変更されたため,小仏峠は時代からとり残された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こぼとけとうげ【小仏峠】

東京都と神奈川県の境にある峠。海抜548メートル。甲州街道の要地で、江戸時代小仏関があった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕小仏峠(こぼとけとうげ)


東京都八王子(はちおうじ)市と神奈川県相模原(さがみはら)市相模湖町の境にある峠。標高548m。中央自動車道・JR中央本線がトンネルで抜ける。甲州(こうしゅう)街道の要地として小仏関がおかれ、関所跡は国の史跡に指定。付近に高尾(たかお)山・相模湖があり、東京近郊のハイキングコースとして知られる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小仏峠
こぼとけとうげ

東京都八王子市と神奈川県相模原(さがみはら)市との境にある旧甲州街道の峠。標高548メートル。JR中央本線の高尾―相模湖両駅の中間にあたり、峠の下を鉄道、中央自動車道の小仏トンネルが通ずる。峠上にはここを通った文人たちの歌碑や詩碑が建てられている。地形からは高尾山と景信(かげのぶ)山との鞍部(あんぶ)にあたり、北西の陣馬(じんば)高原を加えて、奥高尾ハイキングコースとなっている。この稜線(りょうせん)は江戸時代には江戸の山岳防衛線とされ、またここを過ぎる甲州街道は、有時のおりの江戸城からの避難地とされていた甲府城へ通ずる要道(五街道の一つ)で、東麓(とうろく)の駒木野(こまぎの)に置かれていた小仏関(国指定史跡)は、箱根、碓氷(うすい)の両関とともにとくに重要視され、出入者の取調べの厳重なことで知られていた。峠の南西麓には美女谷(びじょだに)温泉がわき出し、山宿の湯として知られる。高尾駅―小名路―小仏―小仏峠―相模湖のハイキングコースがある。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小仏峠の関連情報