暉峻淑子(読み)てるおか いつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

暉峻淑子 てるおか-いつこ

1928- 昭和後期-平成時代の経済学者。
昭和3年2月5日生まれ。鶴見女子大をへて,昭和52年埼玉大教授。のち日本女子大教授。暮らしの視点理論経済学にとりいれた「生活経済論」を提唱。難民支援のための国際市民ネットワーク代表をつとめる。大阪出身。日本女子大卒。著作に「豊かさとは何か」「格差社会をこえて」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android