コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗い森

1件 の用語解説(暗い森の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

暗い森

米国の作家アーロン・エルキンズのミステリー(1983)。原題《The Dark Place》。ワシントン州国立公園の大森林で人骨が発見されるが、凶器は一万年前の種族が使用していた槍だった。骨の専門家で“スケルトン探偵”の異名を持つ人類学者ギデオン・オリヴァーを主人公としたシリーズ第2作。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暗い森の関連キーワード一瞬の光画商の罠原始の骨断崖の骨洞窟の骨骨の島骨の城ホプキンズの夜密林の骨楽園の骨

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

暗い森の関連情報