コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凶器/兇器 キョウキ

2件 の用語解説(凶器/兇器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょう‐き【凶器/×兇器】

人を殺傷するために用いられる道具。また、人を殺傷したときに用いられた道具。刀剣・銃・棒など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

凶器
きょうき

人を殺傷しうる器具。凶器には、銃砲・刀剣類のように、本来人を殺傷するために作製された性質上の凶器と、鉄棒・包丁・ナイフのように、その用法によっては人を殺傷しうる用法上の凶器の区別がある。この区別を前提として、かつて治安警察法行政執行法などは、性質上の凶器を「戎器(じゅうき)」、用法上の凶器を「凶器」とよんでおり、両者をあわせて広義の凶器とよんでいた。現行法では前記のような用語上の区別を行っていないが、凶器(兇器)の用語は多くの法律で用いられている(刑法208条の3のほか、破壊活動防止法40条3号、暴力行為等処罰ニ関スル法律1条、盗犯等ノ防止及処分ニ関スル法律1条1項2号、2条1号、刑事訴訟法212条2項2号など)。これらの法律における凶器の意義については、性質上の凶器のみならず、用法上の凶器をも含むものと解するのが一般である。このうち、とくに刑法第208条の3の凶器準備集合罪・凶器準備結集罪において、凶器の意義とその限界事例がとくに問題となる。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の凶器/兇器の言及

【明器】より

…器物の外見のみをかたどり実用にたえない品物を,中国では明器と呼んだ。先秦時代の古典でしばしば言及され,現実生活で用いる正器,祭器に対して貌器(ぼうき)(形をかたどるもの),鬼器(死者のための器)と理解され,凶器,蔵器,秘器などとも呼ばれ,現代の中国考古学でも踏襲されている。明器は時代によって内容構成と表現方法を異にしながら,(よう)とともに副葬品として古代から明・清時代まで長く行われた。…

※「凶器/兇器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone