専門家(読み)せんもんか

精選版 日本国語大辞典「専門家」の解説

せんもん‐か【専門家】

〘名〙 その学問分野や事柄を専門に研究・担当し、それらに精通している人。エキスパートスペシャリスト。〔医語類聚(1872)〕
※露団々(1889)〈幸田露伴〉一「音楽絵画縫箔等の美術は皆専門家(センモンカ)に就て充分に学得せり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「専門家」の解説

せんもん‐か【専門家】

ある特定の学問・事柄を専門に研究・担当して、それに精通している人。エキスパート。「経済専門家

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の専門家の言及

【学習】より

…伝統芸能におけるわざの習得は個人的な出来事ではない。師匠と弟子という徒弟制があり,さらに,それはその芸能の専門家集団,その芸の鑑賞集団などのコミュニティの中に含み込まれている。そうした実践のコミュニティは価値を創造し,更新していく。…

※「専門家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android