コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗い笑い くらいわらいDark Laughter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暗い笑い
くらいわらい
Dark Laughter

アメリカの小説家シャーウッド・アンダーソンの小説。 1925年刊。主人公の新聞記者ジョン・ストックトンが仕事と妻を捨てて,数ヵ月にわたる放浪生活を経て故郷の町に帰り,ブルース・ダドリーという名で工場に勤め,雇い主の妻と駆落ちするという筋立てだが,作中人物の意識の流れをたどる印象主義的な筆致が目立つ。作中,黒人の「暗い笑い」を繰返し描き,機械文明によって生命力を失った白人の現状を風刺しながら,性による生命回復をうたい上げようとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android