暗がりから牛を引き出す(読み)クラガリカラウシヲヒキダス

  • から 牛(うし)を引(ひ)き出(だ)す
  • くらがり
  • 暗(くら)がりから牛を引き出す
  • 暗がり

大辞林 第三版の解説

物の区別のつきにくいたとえ。また、ぐずぐずして動作の鈍いさまのたとえ。暗がりの牛。 まことに-・すごとくに、楽寝をおこせど目を覚さず/浮世草子・置土産 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

暗いところに、黒い牛がいるのは、何が何やらはっきりしないというところから、ものの区別がはっきりつかないたとえ。また、動作がにぶく、はきはきしない。くらやみから牛を引き出す。くらがりの牛。
※浮世草子・西鶴置土産(1693)五「まことに闇(クラ)がりから牛を引き出すごとくに、楽寝をおこせど目を覚さず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android