暗闇(読み)クラヤミ

  • くれやみ

デジタル大辞泉の解説

まったく光がなく、暗いこと。また、その所。くらがり。
人目につかないところ。人の知らないところ。「暗闇に葬り去る」
見通しがたたず、将来に希望の持てないこと。「病気つづきで先は暗闇だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

明かりがなくて暗いこと。また、暗い場所。くらがり。
人の目につかない所。人に知られない所。 悪事を-に葬る
前途の見通しがはっきりせず、将来に希望がもてないこと。 社会正義が通らないようでは世の中は-だ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① まったく光のないこと。暗いこと。また、そのところ。暗黒。
※拾遺(1005‐07頃か)物名・三五三「花の色をあらはにめでばあだめきぬいさくらやみになりてかざさむ〈よみ人しらず〉」
② 天下が乱れて収拾がつかないこと。平安や見通し、希望などを失うこと。家、仕事などの状況についてもいう。
※平家(13C前)二「信頼、義朝が院内をとり奉て大内にたてごもって、天下くらやみと成ったりしに」
③ 人の知らないところ。目につかないところ。
④ 牢。監獄。刑務所。
※歌舞伎・青砥稿花紅彩画(白浪五人男)(1862)三幕「板子(いたご)一枚その下は、地獄と名に呼ぶ暗黒(クラヤミ)も」
⑤ 精神が深く落ち込んで希望がもてない状態であること。
※泥人形(1911)〈正宗白鳥〉二「細君は結婚によって、重吉を暗闇から救ひ出さうと思った」
〘形動〙 心がくらんで途方にくれるさま。くらやみ。
※河内本源氏(1001‐14頃)桐壺「くれやみにてふししづみ給へるほどに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暗闇の関連情報