コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西鶴置土産 さいかくおきみやげ

6件 の用語解説(西鶴置土産の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西鶴置土産
さいかくおきみやげ

浮世草子井原西鶴作。5巻5冊。元禄6 (1693) 年刊。西鶴没後,門人の北条団水が編。好色生活のはてに落魄した大尽たちの末路を 15話にわたって描くが,没落に付き物の暗さが少く,色道をきわめ尽した者の安堵感が漂っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいかくおきみやげ【西鶴置土産】

浮世草子。5巻。井原西鶴の第1遺稿集。北条団水編。元禄6年(1693)刊。遊蕩(ゆうとう)の末に零落した人々の姿を、こっけいな中にも哀感を込めて描いた15話を集めたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西鶴置土産【さいかくおきみやげ】

井原西鶴作の浮世草子。好色物。1693年刊。5巻15話よりなる。西鶴没後,弟子の北条団水が整理刊行。巻頭に西鶴像と辞世をのせる。好色物の変型で,好色の果て没落した町人たちが,なお品位と意気を失わない姿を冷静に描いた短編集。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さいかくおきみやげ【西鶴置土産】

浮世草子。井原西鶴作。5巻15章。1693年(元禄6)8月に西鶴が52歳で没したあと,同年の冬に北条団水の編集により遺稿集として刊行された。序に,〈世界の偽(うそ)かたまってひとつの美遊(びゆ)となれり〉とある。遊女買いにとことん身を投げ出したその道の男たちの行末を書いており,〈好色物〉〈町人物〉を書いてきた西鶴が晩年にたどりついた境地の一端をそこにうかがうこともできる。何もかも底をついてしまった身でありながら遊び仲間に見栄を張り続け,ついに一座の中で見あらわされ色道を思い切る男の話(〈大釜のぬき残し〉),かつては月夜の利左衛門といわれた大尽で今は零落し女郎を妻にして親子3人が金魚の餌のぼうふり虫を売った日銭で暮らす身の上だが,昔の遊び仲間に出会っても,女郎買いの当然のなりゆきで恥ずかしいことでもないと,彼らの援助を振り捨てて生きる話(〈人には棒振むし同前におもはれ〉),さかさまに息子から勘当されてもなお悪所狂いはやめられず,遺産目当てに息子の死ぬを待つ親仁の話(〈子が親の勘当逆川(さかさまがわ)をおよぐ〉)など,世間並みの暮しの外を生きていく姿を様々の視点からあわれにもおかしく描いていく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいかくおきみやげ【西鶴置土産】

浮世草子。五巻。井原西鶴作。1693年刊。西鶴の遺稿を門人北条団水が編纂・刊行したもの。遊蕩の結果零落した人々の話を通して、遊客・遊女の品位や心意気を描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西鶴置土産
さいかくおきみやげ

井原西鶴の浮世草子。1693年(元禄6)冬、西鶴の第一遺稿集として門人北条団水(だんすい)が5巻5冊に編集した。初版は大坂・富士屋長兵衛版と推定される。巻頭に西鶴の肖像と辞世の句、如貞(じょてい)、言水(ごんすい)、団水らの追善発句を載せている。西鶴の序文に「凡(およそ)万人のしれる色道のうはもり、なれる行末あつめて此(この)外になし」とあるように、色道に身を持ち崩し、ついに社会の底辺に落ち込んだ人間たちの姿を描いた15話の短編からなる。無残にも零落した大尽(だいじん)の末路を描いているなかで、巻2の「人には棒振虫同前に思はれ」のように、落ちぶれてもなお意地を張り通すせつないまでの心情の美を、しみじみと描いた佳作を含んでいる。西鶴最晩年の諦観(ていかん)にも似た心境から生まれた独自の世界を示す作品として評価できる。[浅野 晃]
『暉峻康隆他校注・訳『日本古典文学全集40 井原西鶴集 3』(1972・小学館) ▽麻生磯次・冨士昭雄訳注『対訳西鶴全集15 西鶴置土産』(1977・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西鶴置土産の関連キーワード井原西鶴好色一代男西鶴織留万の文反古大句数町人物西鶴諸国ばなし武家物けいせい色三味線蒔絵師源三郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone