コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲(が)り屋 マガリヤ

デジタル大辞泉の解説

まがり‐や【曲(が)り屋】

民家の形式の一。平面がL字形をし、突出部が広い(うまや)となっているもの。岩手県に多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

まがりや【曲り屋】

母屋(おもや)に直角に厩(うまや)(馬小屋)が付いたL字形の平面を持つ民家の建築形式。良馬を多く産出した岩手県南部地方の江戸時代の民家に多い。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

曲(が)り屋の関連キーワード母屋

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android