コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲持(ち) キョクモチ

デジタル大辞泉の解説

きょく‐もち【曲持(ち)】

さまざまなものを手・足・肩・腹などで持ち上げ、それを操って見せる曲芸

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の曲持(ち)の言及

【曲芸】より

…〈綱渡り〉〈乱杭渡り〉〈剣の刃渡り〉,薄い紙の上を渡る〈紙渡り〉,開いた蛇の目傘の上を渡る〈傘渡り〉,60cmあまりの間隔で立ててある障子の上をかけ渡り次々と後ろの障子を蹴倒していく〈障子渡り〉など,〈渡る〉という芸一つにも多くの種類があった。幕末の1850年代がこの芸能の全盛期で,〈曲乗り〉〈力持(ちからもち)〉〈曲持(きよくもち)〉〈曲独楽(きよくごま)〉などの離れわざは見物人を驚かせた。〈曲乗り〉では〈玉乗り〉が有名で,東京では関東大震災前まで江川玉乗一座が浅草で興行していた。…

※「曲持(ち)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

曲持(ち)の関連キーワードジェイソン オレンジゲーリー バーローハワード ドナルドマーク オーウェン浜碇定吉足芸