コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晒女 サラシメ

3件 の用語解説(晒女の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さらしめ【晒女】

歌舞伎舞踊長唄。2世桜田治助作詞、4世杵屋六三郎作曲。文化10年(1813)江戸森田座初演。7世市川団十郎近江(おうみ)八景になぞらえて踊った八変化「閏茲姿八景(またここにすがたはっけい)」の一。近江のお兼。団十郎娘。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さらしめ【晒女】

歌舞伎舞踊。長唄,常磐津。《近江のお兼》《団十郎娘》ともいう。1813年(文化10)6月江戸森田座で7世市川団十郎により初演された。八変化《閏茲姿八景(またここにすがたのはつけい)》の一。作詞2世桜田治助。作曲3世岸沢古式部,4世杵屋六三郎。振付藤間勘十郎(3世藤間勘兵衛)。琵琶湖の近くに住む大力娘があばれ馬をとりしずめたという伝説によったもの。馬の手綱をふまえての踊りに始まり,船頭とのからみ,布ざらしなどをみせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さらしめ【晒女】

歌舞伎舞踊の一。長唄。変化物「閏茲姿八景またここにすがたはつけい」の一。通称「近江のお兼」「団十郎娘」。1813年江戸森田座初演。大力で知られた近江の娘お兼が、所作立しよさだて・口説くどき・盆踊り・布晒ぬのざらしなどを見せる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の晒女の言及

【長唄】より

…この期には俳優にも3世坂東三津五郎,3世中村歌右衛門など兼ねる役者に名人が現れ,変化物(へんげもの)舞踊が流行した結果,長唄も短編ではあるが変化物に《越後獅子》《汐汲(しおくみ)》《小原女(おはらめ)》などの傑作が生まれた。また,伴奏音楽の面でも変化の妙を示そうとして豊後節系浄瑠璃(常磐津,富本,清元)と長唄との掛合が流行したのもこのころで,《舌出三番叟(しただしさんばそう)》《晒女(さらしめ)》《角兵衛》などが掛合で上演された。さらにこの時代には,舞踊の伴奏音楽という制約から離れた鑑賞用長唄(お座敷長唄)が誕生した。…

※「晒女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

晒女の関連情報