曲直部寿夫(読み)まなべ ひさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曲直部寿夫 まなべ-ひさお

1921-1996 昭和後期-平成時代の心臓外科学者。
大正10年9月28日生まれ。阪大教授をへて,昭和52年国立循環器病センター初代病院長,58年同総長。平成6年大阪府立看護大学長。昭和31年人工心肺装置をつかった日本最初の心臓手術に成功臓器移植と人工心臓開発に力をそそぐ。日本移植学会会長。平成8年12月17日死去。75歳。大阪出身。大阪帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android