総長(読み)そうちょう

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐ちょう ‥チャウ【総長】

〘名〙
[一]
① 事務全体を管理する職。全体を統轄する職。参謀総長、検事総長など。〔五国対照兵語字書(1881)〕
② 総合大学の長。旧制帝国大学と一部の私立大学での、学長の呼称。現在でも通称として用いられる場合がある。
※帝国大学令(明治一九年)(1886)五条「帝国大学総長は帝国大学を総轄し」
③ 組織暴力団の最高幹部の俗称。
[二] 全体を合計した長さ。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「此数は世界鉄道総長の半数に当れり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐ちょう〔‐チヤウ〕【総長】

全体を統轄・管理する職。「検事総長」「事務総長
総合大学の学長。旧制帝国大学と一部の私立大学での、学長通称。現行制度では学長が正式の名称帝国大学令(明治19年)に定められていたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android