コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫垂炎 ちゅうすいえん appendicitis

翻訳|appendicitis

7件 の用語解説(虫垂炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虫垂炎
ちゅうすいえん
appendicitis

虫様突起炎ともいう。盲腸炎は俗称。虫垂 (虫様突起) の急性炎症である。症状は腹痛,吐き気,嘔吐で,腹痛はまずみぞおちの部分に起り,次第に右下腹部に限局してくる。直接の病因は,起炎菌として腸内細菌が認められるので,腸内感染説が有力であるが,アレルギー説,あるいは精神的な要因も無視できず,さらに非特異的抗原抗体反応との関連も注目されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅうすい‐えん【虫垂炎】

虫垂の炎症。初め上腹部やへその辺りに痛みがあり、しだいに右下腹部にうつる。吐き気・発熱などを伴い、悪化して破れると腹膜炎を起こす。俗に盲腸炎ともいう。虫様突起炎。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

虫垂炎【ちゅうすいえん】

虫垂の炎症。俗に盲腸炎とも。10〜30歳に多く,原因はまだ不明。上腹部痛,嘔吐(おうと)などで始まることが多く,痛みは次第に右下腹部に限局し,軽度の発熱を伴う。
→関連項目腹痛無酸症

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

虫垂炎

 虫垂の炎症.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうすいえん【虫垂炎 appendicitis】

虫垂は細い管腔をもっているが,この管腔がなんらかの原因で閉塞すると炎症が起こってくる。これが虫垂炎であるが,盲腸炎とも俗称される。炎症を起こすものは各種の腸内細菌で一定していない。虫垂炎の原因については腸内感染説のほか,血行感染説,アレルギー説や食事に関係があるとする説などいろいろで,決定的なものはない。10~20歳代に最も多く起こる。 症状は便通異常(便秘あるいは下痢),食思不振,悪心などのあとに右下腹部に疼痛が起こってくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうすいえん【虫垂炎】

虫垂の急性炎症。右下腹部の疼痛とうつう・発熱・悪心おしん・嘔吐などの症状が見られる。俗に盲腸炎という。虫様突起炎。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虫垂炎
ちゅうすいえん
appendicitis

虫垂の炎症で、もっとも頻度の高い腹部急性の外科疾患。一般には盲腸炎ともよばれ、虫様突起炎とよんだこともあったが、1939年(昭和14)に虫垂炎という名称に統一され現在に至っている。原因については古くから種々の説があって、まだ決定的なものはない。すなわち、虫垂内容の停滞など、ある一定の条件下で腸内細菌が虫垂粘膜に炎症をおこすとする腸内細菌説や、扁桃(へんとう)炎の溶血性連鎖球菌など細菌が血流に入って虫垂に定着し炎症をおこすとする血行感染説のほか、食事性酵素説、アレルギー説、自律神経説、糞石(ふんせき)説、異物説、寄生虫説、ウイルス説、外傷説などがある。誘因としては、暴飲暴食、感冒、胃腸炎、便秘、過労などがあげられる。また、発症は乳幼児や高齢者に少なく、10~30歳に多い。かつては男性に多くみられたが、最近は頻度の男女差がなくなってきたほか、一般に菜食者よりも肉食者、農村よりも都会に多く、同一家族に発病率が高い。
 症状は、前駆症状として食欲不振、悪心(おしん)や嘔吐(おうと)、下痢や便秘などがみられることもあるが、突然に腹痛や悪心で発症することが多い。まず上腹部痛に始まり、しだいに右下腹部に限局するようになる。最初は間欠性の仙痛様の疼痛(とうつう)であるが、やがて回盲部に限局した持続性の痛みとなる。発熱は37~38℃程度のものが多く、39℃を超えたり、直腸内体温が腋窩(えきか)体温より著しく高くなる場合(腹膜炎)は進行したもので、初期にはみられない。なお、他覚症状としては診断に役だつ圧痛点がいろいろあるが、回盲部の圧痛は大半のものにみられる。
 治療は、外科的に虫垂切除を行うことが原則とされているが、内科的に局所の安静と冷罨法(あんぽう)を行うとともに、強力な抗生物質を投与する保存療法も行われる。これによっても再発を繰り返したり、炎症が持続・進行し続ける場合、あるいは初めから腹膜刺激症状のある場合は、外科療法の適応となる。
 なお、慢性虫垂炎(俗に慢性盲腸)とよばれるものは「いわゆる慢性虫垂炎」という程度の意味で、定義は不明確である。普通は虫垂自体の病変ばかりでなく、虫垂炎経過後の周辺臓器の癒着、これに基づく腸管の通過障害や機能障害による症状も含まれている。[岡島邦雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の虫垂炎の言及

【虫垂】より

…虫垂の管腔がなんらかの原因で閉塞すると,炎症が起こる。これが虫垂炎(俗に盲腸炎)である。盲腸【立川 勲】。…

【腹痛】より

…老人におけるイレウスは比較的症状が軽いことが多いから手遅れにならないようにしなければならない。イレウス
[虫垂炎]
 俗にいう盲腸炎である。これは下腹部の腹痛のなかでも多いものである。…

※「虫垂炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

虫垂炎の関連キーワードNotesコルチ器虫垂動脈塞栓身を以て徳をもって怨みに報いるランケット持ってる管腔内消化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

虫垂炎の関連情報