書を校するは塵を掃うが如し(読み)ショヲコウスルハチリヲハラウガゴトシ

デジタル大辞泉の解説

書(しょ)を校(こう)するは塵(ちり)を掃(はら)うが如(ごと)し

《「夢渓筆談」雑誌二から》文校合(きょうごう)する作業は、塵を払ってもまたすぐ積もるように、何度やっても完全に仕上げることは困難である。どんなに念を入れて校正をしても誤りはなくならないということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょをこうするはちりをはらうがごとし【書を校するは塵を掃うが如し】

〔夢渓筆談〕
塵がはらい尽くせないように、書物は、何度校合しても誤脱があって完全ということがない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android