書を校するは塵を掃うが如し(読み)ショヲコウスルハチリヲハラウガゴトシ

デジタル大辞泉の解説

書(しょ)を校(こう)するは塵(ちり)を掃(はら)うが如(ごと)し

《「夢渓筆談」雑誌二から》文校合(きょうごう)する作業は、塵を払ってもまたすぐ積もるように、何度やっても完全に仕上げることは困難である。どんなに念を入れて校正をしても誤りはなくならないということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょをこうするはちりをはらうがごとし【書を校するは塵を掃うが如し】

〔夢渓筆談〕
塵がはらい尽くせないように、書物は、何度校合しても誤脱があって完全ということがない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android