コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書(き)下し カキクダシ

デジタル大辞泉の解説

かき‐くだし【書(き)下し】

書きくだすこと。
書き下し文」の略。
中世の文書の一。命令を下達する文書。奉書形式でなく、差し出し者自身が署判する形式のもので、年月日を書き、書き止め文言が「状如件」となっているもの。書き下し状。書き下し文(ぶみ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

書(き)下しの関連キーワード吾妻鏡(あづまかがみ)鮎川 哲也仮名日本紀俗楽旋律考禁断叢書椎名麟三塵芥集口語体