コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書(き)抜き カキヌキ

デジタル大辞泉の解説

かき‐ぬき【書(き)抜き】

[名](スル)
書き抜くこと。ぬきがき。抜粋。「論文の要旨を書き抜きする」
演劇や映画で、台本から一人一人の俳優のせりふを別々に書き抜いたもの。
幾つかの物の中で、自分の選ぶもの、好きなもの。
「比良魚(ひらめ)のおさしが―さ」〈伎・小袖曽我

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

書(き)抜きの関連キーワード知る権利自主規制御差しせりふ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android