コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書(き)抜き(読み)カキヌキ

デジタル大辞泉の解説

かき‐ぬき【書(き)抜き】

[名](スル)
書き抜くこと。ぬきがき。抜粋。「論文の要旨を書き抜きする」
演劇や映画で、台本から一人一人の俳優のせりふを別々に書き抜いたもの。
幾つかの物の中で、自分の選ぶもの、好きなもの。
「比良魚(ひらめ)のおさしが―さ」〈伎・小袖曽我

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android