一人一人(読み)ヒトリヒトリ

デジタル大辞泉の解説

ひとり‐ひとり【一人一人】

《「ひとりびとり」とも》
多くの中のそれぞれの人。めいめい。各人。副詞的にも用いる。「一人一人の自覚が大切だ」「一人一人診察する」
どちらかひとり。だれかひとり。
「思ひ定めて―に逢ひ奉り給ひね」〈竹取

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとりひとり【一人一人】

〔「ひとりびとり」とも〕
めいめい。各人。 「 -の心掛けが大切だ」
どちらかひとり。だれかひとり。 「思ふどち-が恋ひ死なば誰によそへて藤衣着む/古今 恋三

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひとり‐びとり【一人一人】

〘名〙 (「ひとりひとり」とも)
① どちらかひとり。だれかひとり。
※竹取(9C末‐10C初)「思ひ定めてひとりひとりにあひ奉給ね」
② 一緒になっていたものが、ひとりずつに分かれること。
※多武峰少将物語(10C中)「つねにおもひを、たきものの、ひとりひとりも、もえいでなまし」
③ 各人。めいめい。
※五音曲条々(1429‐41頃)「ひとりひとりの達声として、自他一音の曲道はあるべからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一人一人の関連情報