一人一人(読み)ひとりびとり

精選版 日本国語大辞典「一人一人」の解説

ひとり‐びとり【一人一人】

〘名〙 (「ひとりひとり」とも)
① どちらかひとり。だれかひとり。
※竹取(9C末‐10C初)「思ひ定めてひとりひとりにあひ奉給ね」
② 一緒になっていたものが、ひとりずつに分かれること。
多武峰少将物語(10C中)「つねにおもひを、たきものの、ひとりひとりも、もえいでなまし」
各人。めいめい。
※五音曲条々(1429‐41頃)「ひとりひとりの達声として、自他一音の曲道はあるべからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一人一人」の解説

ひとり‐ひとり【一人一人】

《「ひとりびとり」とも》
多くの中のそれぞれの人。めいめい。各人。副詞的にも用いる。「一人一人自覚が大切だ」「一人一人診察する」
どちらかひとり。だれかひとり。
「思ひ定めて―に逢ひ奉り給ひね」〈竹取
[類語]めいめい各自各人面面てんでんてんでに各位

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android