コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台本 だいほん

4件 の用語解説(台本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

台本
だいほん

演劇およびそれに類する芸能の上演の土台となる本。戯曲や脚本をもとに,上演の実際に即して作成される。テレビなどでも,放映の順序,カメラの指定,せりふ,動きなどを指定した印刷物が作られるが,これも一種の台本である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だい‐ほん【台本】

演劇・映画・放送などで、演出のもととなる、せりふト書きなどを書いた本。脚本。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だいほん【台本】

芝居・演劇・映画などで、すべての演出の基本となる本。脚本。シナリオ。 「 -どおりに運ぶ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

台本
だいほん

広義には歌舞伎(かぶき)、新派、新劇などすべての演劇の上演用脚本をいうが、厳密には歌舞伎脚本の筆写本をさす。江戸では台帳、正本(しょうほん)、狂言本ともいい、上方(かみがた)では根本(ねほん)ともよぶ。台本の体裁は半紙を縦(たて)二つに折って綴(と)じたいわゆる縦本が普通の形で、一幕一冊を原則とし、表紙に題名や場割、役者名を記した。本文は最初のころは細字で一頁二十四、五行も書くことがあったが、初世並木五瓶(ごへい)のときから十三行を原則とするようになったといわれている。上演用なので台詞(せりふ)の頭書(かしらがき)は、役名でなく役者名で書くのが習わしである。書体は元来御家(おいえ)流だったが、幕末には勘亭(かんてい)流で書くことが多くなった。台本は立(たて)作者が保管し、門外不出とされていたので一般には流布しなかったが、やがてその謄写本が貸本屋の手に渡り、好劇家に愛読されるようになった。貸本の流行は歌舞伎の隆盛を反映している。上方では評判の高い狂言は読物(よみもの)として出版された。これを絵入根本といったが、安永(あんえい)(1772~81)ころから明治初年までに百数十種も刊行をみた。明治以後台本の活字化が盛んに行われ、歌舞伎研究の重要な資料となっている。[山本二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の台本の言及

【演劇】より

… こうして,〈見る者〉すなわち〈観客〉(見物,観衆)と,〈演じて見せる者〉すなわち〈演戯者〉(演者,役者,俳優)と,この両者を一つに集める空間すなわち〈劇場〉(常設とは限らない)と,そして演戯者によって〈演じられるもの〉すなわち〈行動を組み立てる術とその成果〉という意味での〈劇作術〉Dramaturgie(ドラマトゥルギー,ドイツ語),dramaturgie(ドラマチュルジー,フランス語)の四つが,演劇にとって不可欠の4要素である。なお劇作術は文字で表されるとは限らないが,文字で表したものは〈台本〉または〈戯曲〉と呼ぶ。 これら4要素の具体的形態と4要素間の関係は,文化により,また時代と地域により異なるが,問題として想定できるのは,たとえば次のようなことである。…

※「台本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

台本の関連キーワード村芝居田舎芝居御伽芝居草芝居乞食芝居芝居気道化芝居初芝居浜芝居定芝居

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

台本の関連情報