コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽子 ソウシ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽子
そうし
(前506―前437)

孔子晩年の弟子。姓は曽(そう)、名は参(しん)。字(あざな)は子輿(しよ)。魯(ろ)の南武城(山東省)の人。孝道に通じた。『史記』以来の旧説では『孝経』の著者といい、また『大戴礼(だたいれい)』に曽子十篇(ぺん)があるが、いずれも曽参の自著ではなく、その所説を伝えるもの。魯鈍(ろどん)な性質であったらしいが、その内省的学風により尊崇を受けるに至り、孔子の死後、魯の儒教教団の後継者的立場にあったと推定される。孔門後継のうち、礼を重んずる子夏などの客観派に対し、仁・心の内省に重点を置く主観派といわれる。父の曽點(そうてん)(字は子晢(しせき))も孔子の弟子。また、子に曽元・曽申がある。曽申は子夏より『詩』を受け、左丘明より『春秋左伝』を受けたと伝えられる。後代、宋(そう)の朱熹(しゅき)(朱子)は、孔子・曽子・子思・孟子(もうし)と道が伝えられたという道統観念から、「四書」をこの四子の思想とし、『大学』を曽子の著と考えた。[宇野茂彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

曽子の関連キーワード天に二日無し,土に二王無し死を視ること帰するが如し大学(儒教経典)天に二日無し台北の孔子廟曽参・曾参三釜の養孔子廟朱子学大戴礼呉子論語荘子四配孝経易簀子思道統曽参子游

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曽子の関連情報