内省(読み)ないせい

精選版 日本国語大辞典「内省」の解説

ない‐せい【内省】

〘名〙 自分の思想、言動などを深くかえりみること。反省。哲学では、自己意識についての反省的思考を意味し、心理学では内観と同じに用いられる。〔哲学字彙(1881)〕 〔論語‐顔淵

ない‐しょう ‥シャウ【内省】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「内省」の解説

【内省】ないせい

自ら省る。〔論語、顔淵〕君子は憂へず、(おそ)れず。~に省(かへり)みて疚(やま)しからざれば、夫(そ)れ何をか憂へ何をか懼れん。

字通「内」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の内省の言及

【内観】より

…内省ともいい,みずからの意識体験をみずから観察すること。本来意識体験は私的な性格をもつものであり,自己観察によってしか観察されえないものである。…

※「内省」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android