曽尸茂梨/蘇尸茂利(読み)ソシモリ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽尸茂梨
そしもり

古代朝鮮、新羅(しらぎ)の地名。『日本書紀』第四の一書に、高天原(たかまがはら)追放後、素戔嗚尊(すさのおのみこと)が天降(くだ)った土地とある。曽は金の朝鮮古音(そい)の音借字、尸は連辞(格助詞ノ)、茂梨は山(鷲益嶺(すりもり)――黄海道鳳山(こうかいどうほうさん))。すなわち金の山、輝く山の意。神降臨にふさわしい聖所である。皇孫が降臨する高千穂(たかちほ)の添山(そほりのやま)(一書六)の「添」も、金の梵(ぼん)称スバルナの漢訳「蘇伐羅(すばるな)」に由来をもつ語であり、添山は曽尸茂梨と同意である。神降臨の地に韓名をもつのは、わが国の垂直降臨伝承と韓土との関連を示唆する。[吉井 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android