コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉井 よしい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉井
よしい

群馬県中南部,高崎市南部の旧町域。利根川の支流鏑川の下流域に位置する。1889年町制。1955年多胡村,入野村,岩平村の 3村と合体。2009年高崎市に編入。中心集落の吉井は江戸時代に吉井藩の陣屋が置かれ,中山道の脇往還信濃別路に沿う宿場町市場町として発展した。伝統の製糸,織物業のほか,1965年頃から電機部品,機械部品の工場が立地。鏑川の南岸の河岸段丘では養蚕シイタケの栽培が行なわれる。南西部で採石される多胡石を利用した灯籠などの石細工は農家の副業。北部に多胡碑(国指定特別史跡)がある(→上野三碑)。

吉井
よしい

岡山県南東部,赤磐市北部の旧町域。吉井川中流右岸にある。 1954年周匝 (すさい) 村,山方村,佐伯北村の3村が合体して町制。 1956年仁堀村と布都美村の一部を編入。 2005年山陽町,赤坂町,熊山町と合体して赤磐市となった。吉井川と支流吉野川の合流点付近にある中心地区の周匝は池田藩の家老の知行地であり,また吉井川水運の河港として発展した。周辺ではイネ,チャ (茶) ,野菜などの栽培が行なわれ,是里 (これさと) にはブドウのパイロット・ファームがある。東部の稲蒔は全国屈指の筆軸の生産地。一部は吉井川中流県立自然公園に属する。

吉井
よしい

福岡県中南部,うきは市北西部の旧町域。筑後川中流左岸から水縄山地北斜面に広がる。 1889年町制。 1955年江南村,福富村,千年村の3村および船越村の一部と合体。 2005年浮羽町と合体し,うきは市となる。大部分は筑紫平野の東部をなす低地で,米,小麦のほか,ブドウ,カキを産し,養豚も行なわれる。また食品,製材,ゴム,機械などの中小工場がある。装飾古墳が多く,若宮八幡宮境内にある日岡古墳,さらに富永にある珍敷塚古墳鳥船塚古墳,古畑古墳,原古墳は屋形古墳群としてともに国の史跡に指定されている。このほか全長 95mの前方後円墳月の岡古墳もある。筑後川沿いに吉井温泉がある。北部は耶馬日田英彦山国定公園に,南部は筑後川県立自然公園に属する。

吉井
よしい

長崎県北部,佐世保市北部の旧町域。北松浦半島の中部にある。 1951年町制。 2005年佐世保市に編入。佐々川の上・中流域と玄武岩丘陵地にあり,丘陵地は地すべり地帯となっている。 1888年炭鉱が開かれ,1958年の最盛時には人口1万 3000を数えたが 1960年閉山。米作と畜産が行なわれる。露地イチゴと吉井メロンの特産がある。国の史跡の福井洞窟 (→福井岩陰 ) は縄文前期の生活様式の変化を示す遺跡として有名。御橋観音シダ植物群落は国の天然記念物で,一帯は北松県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

よしい【吉井】

福岡県中南部、うきは市の地名。筑紫平野北東部、水縄みのう山地北側にあり、山麓に装飾古墳が多い。
長崎県北部、佐世保市の地名。北松浦半島の中央部に位置する。かつては佐世保炭田の炭鉱地帯。

よしい【吉井】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

吉井の関連キーワード鹿児島県南さつま市加世田武田高知県香美市香北町猪野々福岡県うきは市吉井町千年長崎県佐世保市吉井町立石エクレール・お菓子放浪記群馬県高崎市吉井町吉井広島県府中市上下町上下香美市立吉井勇記念館太陽が燃えている吉井(福岡県)吉井(群馬県)松平信友(1)吉井(岡山県)吉井郷土資料館景則(初代)奥津〈町〉熊山〈町〉瀬戸〈町〉柵原〈町〉猪野沢温泉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉井の関連情報