皇孫(読み)こうそん

精選版 日本国語大辞典「皇孫」の解説

こう‐そん クヮウ‥【皇孫】

〘名〙
① 天子、天皇
※大安寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)二月一一日「後時天崩日之、召田村皇子遺詔。皇孫朕病篤矣。今汝登極位、授奉宝位」 〔漢書‐成帝紀〕
② 天子、天皇の子孫。皇胤(こういん)
※本朝文粋(1060頃)五・為一条左大臣辞右大臣第一表〈菅原文時〉「況乎尋皇孫之居台位

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「皇孫」の解説

すめ‐みま【孫/孫】

天照大神あまてらすおおみかみの孫、すなわち瓊瓊杵尊ににぎのみことのこと。
「遂に―天津彦彦火瓊瓊杵尊あまつひこひこほのににぎのみことを立てて」〈神代紀・下〉
天照大神の子孫である天皇のこと。
「―のみこと御世みよ手長たながの御世と」〈祝詞・祈年祭〉

こう‐そん〔クワウ‐〕【皇孫】

天皇の孫。また、天皇の子孫。皇胤こういん
天照大神あまてらすおおみかみの孫、瓊瓊杵尊ににぎのみこと

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android