曾我会稽山(読み)そがかいけいさん

精選版 日本国語大辞典の解説

そがかいけいさん そがクヮイケイサン【曾我会稽山】

浄瑠璃時代物。五段。近松門左衛門作。享保三年(一七一八)大坂竹本座初演。曾我兄弟の仇討ちを題材とし、五月二八日寅(午前四時頃)の一点より翌二九日の卯(午前六時頃)の上刻まで一昼一夜以内に、複雑な多くの場面を配して巧みに脚色。近松の時代物の代表作。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android