最小補ポテンシャルエネルギーの原理(英語表記)principle of least complementary potential energy

法則の辞典の解説

最小補ポテンシャルエネルギーの原理【principle of least complementary potential energy】

構造解析に応用されるエネルギー原理の一つ.外力の作用を受けて釣合状態にある構造物においては,その補ポテンシャルエネルギーを極値最小)にする変位場が存在するという原理.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android