最小補ポテンシャルエネルギーの原理(英語表記)principle of least complementary potential energy

法則の辞典の解説

最小補ポテンシャルエネルギーの原理【principle of least complementary potential energy】

構造解析に応用されるエネルギー原理の一つ.外力の作用を受けて釣合状態にある構造物においては,その補ポテンシャルエネルギーを極値最小)にする変位場が存在するという原理.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android